メンタル

「マイナス思考」を「プラス思考」に変えるために試すべき5つの習慣

私たちは誰でも、いい時ばかりでなく、仕事や生活でマイナス思考にとらわれてしまう時があるもの。

 

 

例えば

仕事での失敗をずっと引きずってしまう

人間関係でトラブルが起きて立ち直れない

他人と自分を比べてしまい、自己嫌悪してしまう

 

 

▲このようにマイナス思考になってしまった経験はありませんか?

 

 

そんな時に、マイナス思考から早く抜け出せる人と、なかなかマイナス思考から抜け出せずに苦しむ人がいますよね。

 

 

マイナス思考から早く抜け出し、プラス思考に切り替えるには思考の習慣を見直す必要があります。

 

 

この記事を読むことで、あなたがマイナス思考にハマってしまい自信を失ってしまう状態から抜け出すためのヒントを得ることができます。

 

 

マイナス思考を引きずってしまいがちな人は、ぜひ記事を読んで思考の習慣を見直してみてください!

 

 

しまづ

考え方、捉え方の習慣を変えることで、世界の見え方は変わってきますよ(•̀ᴗ•́)

 

関連記事

 




 

習慣① ありのままの自分と相手を受け入れる習慣

人物 女性 ポーズ 立つ 後ろ姿 フィットネス 体操 ヨガ 木 林 山 見晴らし 森林 森 小川 アウトドア 眺望 ハイキング 山道 登山 眺め エクササイズ パーカー 深呼吸 手を広げる 外国人 白人 山登り ピラティス トレッキング 欧米人 沢 澤 ヨガポーズ 眺めがいい mdff153 トレッカー

マイナス思考から抜け出しやすい人は、ありのままの自分と相手を受け入れる習慣を持っています。

 

 

自己評価が低い人は、何をやっても劣等感を感じ、ストレスをためてしまい、マイナス思考に陥ってしまいます。

 

 

また、相手の価値観を変えることは難しく、自分の価値観を押し付けてしまってはトラブルの元。

 

 

マイナス思考から抜け出すためには、ありのままの自分と相手を受け入れることが土台となります。

 

自分の軸をはっきりさせる

自己評価が低い人は、自分と他人を比べてしまいがちです。

 

 

他人と比較するほど他人がすごく見えてしまい、自分のことを受け入れにくくなってしまいます。

 

 

まずは、自分の軸をはっきりとさせましょう。

 

 

自分が「どんな人になりたいのか」「何をしたいのか」「どんな価値観を持っているのか」ということをはっきりさせていくことで自分の軸を作ることができます。

 

「違い」を受け入れよう

私たちは、自分と同じ価値観の人を好み、価値観が違う人を遠ざけようとしてしまいがちです。

 

 

しかし、価値観の違う人との関りを完全になくすことはできません。

 

 

なので、「違い」を受け入れ、尊重することが大切です。

 

 

そのためには、相手を変えようとするのではなく、自分の見方を変えていきましょう。

関連記事

 




習慣② さまざまな視点を持つ

男性 人物 女性 暮らし 大人 子供 空 青空 社会 歩く 老人 緑 グリーン 高齢者 仲間 プラン 青 自然 命 人 生きる 人間 街 雲 希望 人々 シルエット 住まい イメージ 町 介護 福祉 未来 安全 大勢 安心 大地 将来 人生 生命 自由 多人数 団体 組織 バリアフリー 街づくり ユニセックス 一生 人類 人生設計 町づくり

人は強い感情に襲われると、極端に視野が狭くなり、マイナス思考に飲み込まれてしまいます。

 

 

さまざまな視点を持つことで、マイナス思考からプラス思考へと切り替えていきましょう。

 

 

プラス思考に切り替えやすい人は、さまざまな視点の持ち主であるとも言えます。

 

遠くから自分を見る

自分を遠くから見ることができれば、不安やプレッシャーは軽減します。

 

 

視野が狭くなっていると、目の前の出来事が全てのように思えてくるもの。

 

 

自分を客観視して、目の前のことは人生のほんの一部であると考えるようにしましょう。




習慣③ できることに集中する

若い 人物 日本人 20代 笑顔 スマイル 白バック 女 女性 スペース リラックス 横顔 美容 健康 アップ 髪 髪の毛 束ねる まとめる ヘアスタイル 首 明るい かわいい 口 30代 化粧 メイク 綺麗 きれい 1人 考える 微笑む ほほえむ 可愛い 耳 瞳 鼻 首筋 顔 整形 整形外科 目 目を閉じる さわやか ビューティー まとめ髪 瞑想 美しい イメージ 横 エステ ほほえみ テキストスペース 文字スペース エステサロン 美肌 肌 スキンケア フェイシャル フェイシャルエステ 微笑み サロン モデル アイメイク アイシャドウ 唇 口紅 リップ フェイス フェイスライン チーク まつげ ヘアセット 輪郭 目を瞑る 瞑る メイクアップ マツゲ 睫毛 アイシャドー 眉毛 まつ毛 美容室 アップスタイル 美人 ヘアサロン 美女 眉 エラ 40代 つぶる 編み込み アイブロウ まゆげ 妖艶 まゆ 瞳を閉じる まゆ毛 マユゲ ヘアアクセ アイブロー 顔痩せ たばねる

マイナス思考からすぐに抜け出せる人は、結果ではなく過程に集中する習慣を持っています。

 

 

「今できること」に集中することで、やるべきことがはっきりし、マイナス思考から抜け出せる、ということです。

 

 

売れない営業マンほど売り上げが上がらない結果ばかりを見て、会社や客に愚痴や不満をこぼします。

 

 

一方で、優秀な営業マンは結果ではなく、結果を出すための行動(身だしなみ、営業件数、提案の質など)に意識を集中させます。

 

 

結果が出ないときほど、淡々と行動に集中します。

 

 

このように、結果を見てマイナス思考になったときには、自分に今できることに集中しましょう。

 

 

もちろん、結果を無視してよいということではありませんよ。

 

 

結果を出すことを前提にはしつつ、行動を始めたら過程の一歩一歩に集中しましょう、という意味なのでお間違えなく。

関連記事

 




習慣④ 完璧主義をやめる

「例外を許さない」完璧主義の強い人は、すべてにおいて強いプレッシャーを自分にかけるため、ストレスを上手く処理することができません。

 

 

ストレスを上手に処理し、マイナス思考に対処できる人の特徴は、強さよりもむしろ柔軟性や心のしなやかさを持っていることです。

 

 

柔軟性に欠ける完璧主義を見直すことで、少ないストレスで状況に対応できます。

 

 

しかし、自分に厳しい完璧主義の人は「周囲に迷惑をかけたくない」などと不安になって、なかなか改善できないものです。

 

 

そんな人はまず、「例外」を考える習慣を身につけましょう。

 

 

「どうしても○○できなかった時は、同僚に手伝ってもらう」

 

 

このように、できなかった時の「例外」を準備しておくことで、心の余裕が生まれます。

 

 

そしてその上で、自分に言い聞かせる言葉の表現を変えてみましょう。

 

 

例えば、「失敗してはいけない」という言葉は「できることをせずに失敗するのはやめよう」と言いかえると、習慣③「できることに集中する」も同時にでき、プラス思考になれそうですね。

関連記事

 




習慣⑤ 「今」に集中して生きる

人物 女性 日本人 20代 30代 若い 若者 モデル おすすめ ポーズ ビジネス OL 仕事 屋内 室内 オフィス 会社 スーツ 表情 パソコン PC デスクワーク 入力 操作 正面 集中 mdjf006

マイナス思考から抜け出せない人は、さまざまなことを同時に心配し、いつも切迫感にかられがちです。

 

 

そこで必要なのは、「今」に集中して生きることです。

 

 

これは元々、禅の精神で日本人に本来根付いているものだったはずですが、多忙な社会で忘れられがちですよね。

 

 

一度に1つのことだけに集中することで、ストレスを軽減し高い集中力を発揮することができます。




さいごに

いかがでしたでしょうか?

 

本記事では、「マイナス思考」を「プラス思考」に変える方法について紹介しました。

 

これを実践することで、マイナス思考から抜け出すきっかけになりますね。

 

ぜひ、家庭や職場でお試しください!

関連記事

 




ABOUT ME
しまづ
100名を超える患者さんの最期に関わらせていただき、真剣に自分の人生に向き合いました!看護師やwebライターとして活動中☺
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。