人間関係

超人気漫画『キングダム』に学ぶ!人が動く言葉は4ステップで作れ!

こんにちは!しまづ(@shimazu26)です☺

 

『キングダム』という漫画を知っていますか??

 

春秋戦国時代の中国において、秦の始皇帝が中華統一を目指すという漫画です☺

 

『ONE PIECE』が少年の王道漫画なら、『キングダム』は大人の王道漫画といったところです(•̀ᴗ•́)و ̑̑ぐっ

『キングダム』が多くの社会人に支持される理由は、「人を動かす熱い言葉」にあります☺

 

言葉は仕事や生活をするうえで欠かせません。

 

他人を動かすだけでなく、自分を動かす原動力にもなります☺

 

この記事では、人を動かす言葉を生み出す4つのステップをご紹介します!




スッキリ、カンタンな言葉を使う

 

まじめな方ほど、難しい言葉で長々と話をしてしまいます☹

 

話し手にとっては楽ですが、聞いている側は地獄です😭

 

例えば『キングダム』の魅力紹介するとして・・・

 

『キングダム』は、中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す「信」と後の「秦の始皇帝」となる秦国の若き王「政」の活躍を中心に、戦乱の世を描かれています。

本作の魅力は主人公「信」の魅力的なキャラクターだと思います。信は戦争孤児の少年であり、自らの腕で「天下の大将軍」となることを目指しているのかなと思います。ただ礼儀作法は知らず、秦王である嬴政も堂々と呼び捨てます。

相手が格上であってもそれに比例して自分の実力を底上げする武の天稟の持ち主のように思います。当初は自分の武力で全てを片付けようとする猪突猛進型でありましたが、王騎からの修行や助言、幾多の経験を経て「将軍」としての実力を身に付けていく姿が共感を呼んでいるのかもしれません

wikipedia「キングダム」参考

 

 

これでは、聞いていて魅力が伝わりません😭

 

『キングダム』の魅力は、「主人公・信の成り上がりっぷりの爽快さ」「なかまの心をつかむ熱い言葉」です!

田舎の下僕だった信が、49巻の時点で5000人の部下を抱えており、「苦しいんなら俺の背を見て戦え!俺の背だけを見て追いかけて来い!!」と、熱い言葉でなかまを鼓舞します!!


信の熱い言動が多くの共感と感動を呼びます!

 

だいぶスッキリしましたね☺

 

ポイント

①中学生に伝わるくらい、簡単な言葉で伝える

②最初に結論を言い、後から根拠を伝える

③「~と思う」といった表現はせず言い切る

すっきりした顔の女性のイラスト

 

理由をロジカルに伝える

 

「がんばろう!(主張)あきらめるのはまだ早い!!(主張)

 

これでは主張しかなく、人は動きません☹

 

「あきらめるのはまだ早い!(主張)時間も体力も十分にある!!(根拠)

 

このように主張と根拠がつながるように心がけましょう☺




具体的なイメージを伝える

 

聞き手に「具体的なイメージを持たせる」ことが大切です☺

 

簡単にできる方法として

 

①動画や写真を活用する

言葉で説明しきれないことは、視覚に訴えるとより伝わりやすくなります☺

 

②たとえ話を活用する

話し上手な人はたとえ話がとても上手いです☺

難しいことも身近な話題で例えることができると、聞き手に具体的なイメージを持たせることができます!

 




情熱の強さが発信の強さにつながる

 

最も大事なのは情熱の強さです☺

 

情熱のある言葉には力があり、人を動かすことができます!

 

逆に、どんなに上手に伝えたとしても、言葉に情熱がなければ誰一人動かすことはできません😭

 

では、どうすれば言葉に情熱がこもるのでしょうか??

 

それは伝える内容、やりたいことをあなたが世界一好きだという自信を持つことです(•̀ᴗ•́)و ̑̑ぐっ

 

自分の好きなことを語るときには、自然と熱がこもってきますよね!

 

スピーチをしている学生のイラスト(女子)

いかがでしたでしょうか??

 

言葉の力は偉大です。あなたの気持ちを人に伝える役に立てればなと思います!

 

今回も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました☺

 

「役に立った!」と思ったらSNSでシェアしていただけると嬉しいです

 

ABOUT ME
しまづ
100名を超える患者さんの最期に関わらせていただき、真剣に自分の人生に向き合いました!看護師やwebライターとして活動中☺
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。