ビジネス

継続できない原因は「不安」

副業ライティングを1年ほど継続したら月10~15万円稼げるようになりました。

 

成果を出すためには【継続】が最重要項目なのは言うまでもありません。

 

おそらくほとんどの方が気がついている【事実】でしょう。

 

しかし、みんな継続ができずにポロポロと【脱落】していくのです。

 

今回は、成果を出すための継続力をつける方法を考察していきましょう!

継続できない原因は「不安」

Man in jail

多くの人が継続できない原因は「不安」にあります。

 

「これを続けて意味があるのかな…」

「いつまで続けたら成果につながるんだろう…」

 

このような不安な気持ちは【継続する!】という決心を壊します。

 

成果につながっていれば不安は少ないので継続は簡単でしょう。

 

しかし、【はじめから成果が出ることはまれ】なので、成果が出ない期間というのはどうしても経験しなければなりません。

 

ぼくもブログを始めた最初の数ヶ月はめっちゃ頑張って、月数百円とかの成果だったので、圧倒的絶望感がありました。

 

では、どうやって絶望感のある時期を乗り越えるのでしょうか?

結果が出やすいこと、出にくいことを同時並行させる

Two finger gesture

結論から言いますと、結果が出やすいビジネスも同時並行でやる、ということです。

 

全てのビジネスには【再現性の違い】があります。

 

・成果が出にくいけど大きく育つ可能性があるビジネス(再現性低い)

・成果が出やすいけど伸びしろが少ないビジネス(再現性高い)

 

再現性が低いビジネスはノウハウが存在しないので、どうしても時間がかかります。

 

ぼくの場合は、ブログは時間がかかると思ったので、再現性の高いライターも同時並行させることで継続できました。

 

また、再現性の高いビジネスを同時並行させるメリットとして【スキルの掛け合わせ】があります。

 

これは、再現性の高いビジネスで培ったスキルが別のビジネスにおいても役立つという意味です。

 

ぼくの場合ですと、ライティング以前にやっていた【物販】での【マーケティングスキル】が、ライターにおいて非常に役立っています。

一歩前にいる人をベンチマークする

Flat banner job benchmarking vector illustration.

もう一つ継続するポイントを挙げるとするなら、【一歩前にいる人をベンチマークする】ことです。

(ベンチマークとは、【目標とする基準】のこと。)

 

まだ成果が出ていない人が、月数百万円を稼ぐレベルの人をベンチマークしても、目標が遠すぎて行動に落とし込めません。

 

歩き方を覚える前の子どもが、いきなり陸上選手のマネをするようなものです。

 

スタープレイヤーに憧れる気持ちはわかります。

 

しかし、継続して成果を出すためにベンチマークすべきは一歩前を行く者なのです。

 

一歩前にいる人の行動を自分に落とし込めば、やるべきことがはっきりしますので迷わず継続しやすいでしょう。

 

今回は以上です。

 

ライティングで小さな成果を出すコツであれば熟知しておりますので、お悩みの方は直接ご相談ください。

 

しまづ
しまづ
コツコツと継続して成果を出していきましょう!

ABOUT ME
しまづ
100名を超える患者さんの最期に関わらせていただき、真剣に自分の人生に向き合いました!看護師やwebライターとして活動中☺
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。