健康

「続かない」が「続いてる」に変わる!最強の習慣力とは?

こんにちは!看護師ブロガーのしまづ@shimazu26)です☺

 

 ダイエットを始めたけど、いつの間にかやめちゃってリバウンド

 朝活をするために早起きを始めるも3日で挫折

 お正月に「今年は〇〇をする!」と目標を立てるも休み明けには「やっぱ無理・・・。」とギブアップ

 

▲このように「続かない」を経験をしたことはありませんか??

 

このページを見ているということは、あなたは、健康のため、ダイエットのため、そして自分の成長のために良い習慣を身につけたくてチャレンジしたけど、上手くいかなかった経験のある方ですよね??

 

でも、安心してください!

 

それは正しいやり方がわかっていなかっただけです☺

 

人は基本的に変化を嫌うクセがあり、そのクセをしっかり理解した上で正しい方法を取れば、簡単に良い習慣を身につけることができます☺

 

それでは、最強の習慣力を身につけて、あなたの人生が良い方向へ向かう方法をご紹介します(•̀ᴗ•́)

 

夢をつかむというのは一気にはできません。

小さなことを積み重ねることで、いつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます。

Ichiro Suzuki June 10, 2009.jpg

イチロー選手の言葉より引用 画像はwikipediaより




「続かない」の原因

人物 日本人 女性 女の子 ポーズ おすすめ 表情 若者 若い 20代 モデル かわいい チャーミング 美人 茶髪 白バック 白背景 屋内 スタジオ 上半身 正面 頭を抱える 問題 トラブル 失敗 ミス ドジ 悩む むしゃくしゃ イライラ mdjf006

人は現状を維持しようとする性質を持っており、これはホメオスタシスと呼ばれる、誰もが持つ人間の性質です☺

 

なので、そもそもあなたが新しいことを始めて、続けようとしても、このホメオスタシスが邪魔してしまうのでなかなか上手くいきません☹

 

努力と根性だけでは続けられない

当たり前ですが、つらいことを努力と根性で耐え抜くような方法では、続けることはできません☹

 

それでは、気持ちは前に進もうとアクセルを踏んでいるのに、心の奥で気づかないうちにブレーキを踏んでいるような状態です。



習慣化とは無意識にやっているレベルのこと

突然ですが、スマホを使って自分の名前をどこかに入力してみてください。

 

簡単にできますし、他のことを考えながらでも無意識にできますよね??

 

これがスマホの扱いが習慣化された状態です。

 

では、今度はいつもと逆の手でスマホを扱って、どこかに名前を入力してみましょう!

 

「ん?意外とやりにくいな☹」

「変換がしにくい・・・。」

 

▲ほとんどの方が、こんな感じに頭で考えながらスマホを操作しているはずです!

 

しかし、逆の手でスマホを操作するのも何日も何カ月もやっていると、いつしか違和感が消えてスムーズにスマホの操作ができる、つまり習慣化されます☺

 

習慣化されたことを行うのには、本人の意志の力は必要ありません。

 

あなたはスマホで自分の名前を入力するのに、いちいち頭で考えることはしませんよね?

 

もし、あなたが取り組みたい、結果を出したいことがあれば、そのことを習慣化してしまうのが一番の近道です☺

 

例えば、取り組みたいことがダイエットであったとしたら、ダイエットに必要な行動(運動や食事の改善)を習慣化させることで無理なく結果を出すことができます(•̀ᴗ•́)



習慣は才能を超える

ビジネスや人生で成功をつかむためには、特別な才能や気質が必要であると考えている方が多いと思います。

 

しかし、古代ギリシャの哲学者・アリストテレスはこのように言いました▼

人は繰り返し行うことの集大成である。

だから優秀さとは、行為でなく、習慣なのだ。

画像はwikipediaより

 

つまり、成果を上げるために必要なのは、才能でも気質でもなく1つ1つの良い習慣をしっかり身につけることに尽きるということです☺

 

それでは一体、良い習慣とはどのような習慣なのでしょうか??



人生が変わる7つの習慣

「何から取り組めばいいかわからない・・・。」

 

そんな方は、▼の7つの習慣の改善から始めるといいですよ☺

ズバリ!人生を変える7つの習慣はこれだ!

①時間の使い方の習慣

②使う言葉に関する習慣

③自分を大切にする習慣

④早起きの習慣

⑤食事に関する習慣

⑥運動する習慣

⑦読書する習慣

 

逆に自分を不幸にする7つの習慣はこちら▼

今すぐ捨てよう!「自分を不幸にする」7つの習慣




習慣化の5ステップ

いよいよ、あなたが取り組みたい習慣化の項目が決まったら、さっそく実践していきましょう(•̀ᴗ•́)و ̑̑ぐっ

 

注意点としては、一度に複数の項目の習慣化はしないということです。

 

一つの項目の習慣化に成功したら、次の項目の習慣化にチャレンジしていく、というイメージです☺

①習慣化したいことを一つ決める

まずは、習慣化したいことをひとつ決めます☺

 

今、最も身につけたい新しい習慣を紙に書いてみましょう!

 

今回は読書の習慣とします(•̀ᴗ•́)

しまづ

ポイントは、その習慣をなぜ身につけたいかを意識することです☺

②いつ、どこで、その習慣を行うのか決める

新しい習慣を身につけたい時間と場所を決めます。

 

その時間に今は何をしているのか、行動と場所を思い出してみましょう☺

 

例:朝6時、ベッドでスマホをいじっている、など。

③最初の一歩の設定

新しい習慣を身につけるためには、今の習慣をやめなければいけません。

 

今、朝6時にベッドでスマホをいじっているとしたら、寝室にスマホを置かないようにし、代わりに本を置くようにしましょう!

 

そして、「これくらいなら毎日できそうだ!」というくらい低めにハードルを設定し、毎日取り組み始めます☺

しまづ

「読めない時は、本を開くだけでもOK」これくらいハードルを下げちゃっても大丈夫です(•̀ᴗ•́)

④記録を取る

自分が「取り組んだ」という事実を記録していきましょう☺

 

手帳などに取り組めたら、〇をつけていくなどシンプルな方法がおススメです!

 

ズラーッと並んだ〇を見れば、気分が良くなりますし、「ここに×をつけるもんか!」という気持ちにもなりますよね☺

⑤例外ルールを設けてイレギュラーにも対応する

必ず毎日、取り組みたい習慣が実行できる訳ではありませんよね☹

 

 前日忙しくて朝起きれなかった

 体調不良で読書どころではなかった

 

▲このようなイレギュラーに備えて、例外ルールを準備しておきましょう!

 

例えば

 

 朝起きれなかったら、夜に〇ページだけ読む

 体調が悪かったら、体調の改善を優先する

 

このように例外ルールを設けておくと、習慣化をする手助けとなります☺




挫折しないための戦略

習慣化するためにかかる期間には、「21日説」「66日説」がありますが、取り組む項目によって期間は変わってくるというのが実情です☹

 

それでは、習慣化されて無意識に行動できるようになるまでの期間に挫折しないためのポイントをご紹介します!

仲間をみつける

最も強力なのが、同じ習慣化に取り組む仲間を見つける、という方法です☺

 

同じ目標を持つ仲間を見つけることで、やる気が高まり、中だるみなどを防ぐことができます!

 

お互いのアイデアや意見を交換することもできますし、何よりも仲間の存在によってお互いに刺激しあい、楽しく取り組むことができます(•̀ᴗ•́)

結果にこだわらない

これは本当に大切なことです!

 

あくまで目的は習慣化させることなので、結果にメンタルを左右されないようにしましょう

 

例えば、ダイエットとかだったら運動や食事の良い習慣を身につけても、体質次第ですぐに結果が出る人と、そうでない人に分かれてしまいますよね?

 

なので、結果にこだわらずに良い行動が習慣化できているか、それだけに集中しましょう!

サボってしまっても自分を責めない

習慣化に取り組む中で、なかなか上手くいかないこともあると思います☹

 

そんな時に、自分を責めることだけはやめましょう!

 

自分を責めても、自己嫌悪におちいるだけで物事は良い方向には進みません




まとめ

ここまで読み進めていただきありがとうございました!

 

習慣力のすごさが伝わりましたでしょうか?

習慣化に取り組んでみよう、という気持ちが高まりましたでしょうか??

 

良い習慣を身につけ、あなたの人生が良い方向に進むことを願っています☺

 

質問や感想などはTwitter@shimazu26)または、Facebook(嶋津佑亮)までお願いします。




ABOUT ME
しまづ
100名を超える患者さんの最期に関わらせていただき、真剣に自分の人生に向き合いました!看護師やwebライターとして活動中☺
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。