人間関係

【塚本亮】『群れない。』を読んでみた!【書評・感想】

SNS疲れという言葉をよく耳にします(>_<)

 

SNSを利用して簡単に人とつながることができる反面、SNSが気になり人間関係に消耗し続け、仕事や本当に大切な人とのコミュニケーションがうまくいかなくなっている人が増えているようです^^;

 

れからますますSNSは発達していき、ネット上での人間関係や時間の使い方のスキルが必要になってくると思います。

 

そんなコミュニケーション過多が叫ばれる現代において、「群れない」生き方について書かれた本があったのでご紹介します☺

SNS疲れのイラスト

 

こんにちは!しまづです☺

 

塚本亮 氏

 

「群れない。」

 

を読んだので感想や考えたことを書いていきます☺

 

 

■こんな本ですよー♪


ひとりの時間を最優先にしましょう!

「いつものメンバー」に囲まれていると成長のチャンスを逃すよ

 

チャンスをつかむ準備は怠らないように

その時が来たら周りは気にせず飛び込もうね

 

③そんな感じで生きてると不安や寂しさが襲ってくることがあるけど乗り越え方を教えるね☺

乗り越えた先には夢中になれる人生が待ってるからね!

 

 

いわゆる自己啓発系で、筆者の塚本亮氏が偏差値30台の高校時代からケンブリッジ大学の留学を経験が学べる本です(^^♪

 

群れることで失うもの

 

あなたはいつものメンバーで群れて失うものというのを意識したことがありますか??

 

地元の友達、学生時代の付き合い、会社の同僚など・・・。

 

自分と近い立場や考えを持つ人に囲まれて過ごしていると安心感がありますよね☺

 

しかし、気を付けないといけないのが、この安心感があなたの成長のチャンスを奪うということです!

 

あなたと違う価値観を持っている人と過ごすと、最初は違和感が強くて居心地が悪いと思います^^;

 

しかし、相手の価値観を受け入れ、居心地の悪さを感じなくなってきたころにはあなたの考えの幅が広がって成長を実感できると思います!

 

そんな自分を成長させる環境に身を置きたいですよね☺

無視のイラスト(学生)

 

群れない生き方のメリット

 

具体的に群れない生き方というのは、

 

 

〇SNSやスマホに振り回されない

〇自分の時間を最優先にできる

〇他人の期待に応えようとしない

〇付き合う人間の「質」をよく考えることができる

こんな感じの生き方を実践できていることです☺

 

 

群れない生き方をしていると、先ほども書いたように自分を成長させるチャンスが増えます!

 

そして、意外なことに孤独感を感じることは少ないように思えます☺

 

それは同じように群れない生き方をしている人の存在に気づき、つながることができるからです。

 

群れない人どうしがつながっても決して群れることはありません(当たり前ですが笑)

 

お互いを成長させる良い仲間になることができます☺

 

ノートパソコンを使う男性のイラスト(横向き)

不安や寂しさの乗り越え方

 

これまでの人間関係から抜け出すというのは簡単なことではありません。

 

群れない生き方を始めるといつものメンバーからは

 

「もう付き合わないでおこう^^;」

「変な自己啓発にはまったのかな・・・。」

 

と距離を置かれ、不安や寂しさを感じるかもしれません😭

 

 

一種の試練かもしれませんが、ここを乗り越えられるかどうかで人生が変わると思います!

 

僕のおすすめする不安や寂しさの乗り越え方は、やはり本を読むことです☺

 

多くの成功者に共通することとして、孤独の時間に自分を成長させていたということに気がつきます!

 

 

くじけず立ち上がる人のイラスト(男性)

乗り越えた先にあるもの

 

不安や寂しさを乗り越えることで、本当の意味で自分の人生を歩むことができます!

 

夢中になれるものが見つかり、他人にはない個性ができ、生きるのが楽しくなります☺

 

そして、過去の自分を隠すのはもったいないですよ!

 

辛かった過去をさらけ出すことであなたの人間味はより深いものとなり、魅力的な人間になることができます(^^♪

 

強い企業戦士のイラスト(男性)

いかがでしたでしょうか?☺

 

いつものメンバーと過ごすことが悪いわけではありません!

 

しかし、少しでも違和感を感じているようだったら、『群れない。』を読んでみることをおススメします(^^♪

 

☆こんな方におススメの一冊☆
・なんとなくいつものメンバーと過ごすことに違和感を感じている方
・新しい環境に身を置きたい方
・嫌われるのが怖くて行動できない方

ABOUT ME
しまづ
100名を超える患者さんの最期に関わらせていただき、真剣に自分の人生に向き合いました!看護師やwebライターとして活動中☺
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。