人間関係

「みんなでワイワイ」な雰囲気が苦手・・・を克服するための3つのステップとは!?『なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか』

「一対一だったらそこそこ話せるけど、人数が増えるとだめになってしまう・・・。」

「一人一人はいい人なんだけど、集まるとどうしたらいいかわからない・・・。」

「そもそも一対一でもコミュ障なんですけど」

人間関係でこのように感じたことはありませんか??

不思議ですよね・・・。
僕も経験があるのですが、一人一人とは仲がいいはずなのにグループになると居心地が悪くなってしまうことがあります。

コミュニケーションが苦手な人のイラスト
こんにちは!しまづです

岩本武範 氏
『なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか』

を読んだので、コミュ障の原因と、どうすればコミュ障から抜け出せるのかを解説していきたいと思います!

 

※本文は本の簡単なまとめとなっています※

本ブログ記事を読んで詳しい内容が気になった方はぜひ本のご購入を検討してみてください☺


☆こんな方におススメの一冊☆

・一対一だと会話に困らないのに4人くらいになると途端に話しづらくなる人
・すぐに実践できる会話のテクニックが知りたい方
・脳科学の視点で書かれた本が読みたい方

4人以上になるとコミュ障になる原因とは??


会話の人数が増えると話しづらくなる原因・・・・

それはズバリ「脳の処理能力」にあります!


グループでの会話が苦手な方、ご安心ください!

あなたの「話し方」や「伝え方」、「話の中身」が原因ではなく、「脳の処理能力」が原因にあるので深刻に悩む必要もないと思います☺


「脳が原因ならどうしようもないんじゃないの?私は一生コミュ障のままなの??」


このように思った方もいるかもしれません。

原因が分かれば対策が立てられます☺


具体的にどのようにしていけば良いか説明しますね!

アルツハイマーのイラスト

グループの2番手のポジションを狙おう!


グループでの会話において「よく話を振られるポジション」ほどおいしいポジションはありません。

このポジションこそがグループの2番手です!

グループの2番手は、

①「あの人話していないな~」と思われなくなる

②話すきっかけをもらっているので、スムーズに会話に参加できる

③自分から話を切り出していないので、必死感がない

このようなメリットがあり、正に「おいしいポジション」と言えます笑


じゃあ、「どうやったらグループの2番手になれるのか??」ですが

 

具体的な方法は本に詳しく書かれています


その中でもすぐに実践できそうなものを1つ紹介させていただきます!

それは

「会話の一番手の左前に座ること」

です!


会話の一番手とは、そのグループの中で一番発言が多い人のことです。

これは、人の視線は左から右に流れることを利用したテクニックです。

会話の一番手の左前に座ることで自然と話が振られやすくなっちゃいます☺

話をする会社員のイラスト

話を振られる前に脳の準備体操をしておこう!

うまく「グループの2番手ポジション」になれると会話の1番手から話が振られてきます

この時に準備ができていないと

 

「あ、、、あ、、、」

 

と、スムーズに話すことができず、せっかくのチャンスを逃してしまうことになります😭


とても残念な展開ですよね。

僕も後で振り返って「こうやって返事すればよかったー!」と後悔することが多いです😭

 

そうならないために、話が振られる前に脳の準備体操をしておく必要があります!


これも具体的な方法は本に詳しく書かれています

手足を簡単に動かすだけで、数分でできてしまいます!


例えば、足首を左右交互に回すだけでも、非常に効果があるそうです☺

体操のイラスト(女性)

具体的にはどんなことを話せばいいの??

「2番手ポジションで話を振られる」
        ↓
「スムーズに話せる準備をしておく」


ときたら、いよいよ「何を話せばいいの??」ということですが

 

そこで使えるのが、相手から話を引き出す

 

「どういうこと?」
「どうしてそう思ったか?」
「私もやるならどうすればいい?」

 

というフレーズです☺

 

「どういうこと?」は相手から具体的な説明を引き出すことができます

「どうしてそう思ったか?」はそう考えた背景を引き出すことができます

「私もやるならどうすればいい?」では具体的な方法を引き出すことができます


これらのフレーズを他の人に振っていくことで無理なく会話を広げていくことができます☺

話の引き出しが多い人のイラスト(女性)

まとめ

「2番手ポジションで話を振られる」
        ↓
「スムーズに話せる準備をしておく」
          ↓
「どう~?を使って他の人にも話題を振っていく」


いかがでしょうか??


この流れでグループでの会話の苦手意識を少しでも解消できたらなと思います

 

本の中身では他にも、


「4人全員がコミュ障だったらどうするのか!?」

「コミュ障感がなくなる3つのポイント」

「話を振ってもらえる人の特徴」


などが紹介されていますので、ご興味のある方はぜひ読んでみてください☺








ABOUT ME
しまづ
100名を超える患者さんの最期に関わらせていただき、真剣に自分の人生に向き合いました!看護師やwebライターとして活動中☺
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。